読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

NPO法人FDA ~ひきこもりからの転職~

就労を目指して頑張っているトレ生の情報を発信します。

仕事につきものの残業について、を私なりに考えました。 本当にごめんなさい

仕事につきものの残業について考えてみました。
今、ニュースで騒がれている問題です。

私個人としては2番目に就職した会社が営業所の営業事務でした。
その仕事は営業所でのお留守番的お仕事で、事業所内の一人で事務をする仕事でした。


自分のペースで出来る仕事です。それなので残業もやりたい放題
その残業が必要なのかどうのか傍で見える人はいません。
支店長はいますが、絶えず支店いる訳ではありません。
私の時は月末毎に締切があり、それに間に合うように仕事をすれば良いというカンジに私に任せてくれていました。


その仕事は小口現金も含まれていました。
私の前の方は簿記の資格をお持ちの方だったとお聞きしていたのが、心にひっかかっていて、自分が「仕事が遅いのは仕方ない」と思っていてサービス残業をしていました。


そのような私を気の毒に思ってくれていたのか、支店長は、しっかり残業を申請しなさい」と言ってくれたのです。そこは、出勤シートに手書き方式でした。支店長は、私の残業をしただけ申請してくれていましたが、簿記の資格を持っていない私が採用された理由は若さでした。
サービス残業していた私に社会先輩である営業の方がサービス残業するよりも仕事は時間内に終わらせて、余計な賃金を貰わないようにするのが会社に貢献してる事だよ」と言われ若い私は「厳しいなぁ」と感じ
ました。


現在の私は、その営業の方の言うとおりだと思います。


ニュースを良く聞いていないので、ここでニュースに触れる事は出来ませんが、若い頃の私が精一杯で時間内に仕事を終わらせられず、その営業の方の言葉は私の自分の持てる力以上を求められた事だったように
だからといって、素直に出来ませんと言って会社を辞めさせられる心配はせず、自殺も考えませんでした。
それは、きっと支店長の人柄だったのかもしれません。
確かに素直に「出来ません」と言えば、せっかく入った会社を辞めなくてはならなくなるかもしれないと不安になります。周りに助けを求められる環境なら良いのですが、結論は辞めさせられるかを気にせず、ありのままの自分で仕事をする。残業は、その残業が必要かどうか締切があれば、間に合うかを考えながら、上司に
間に合うように必要だからと言い切る。自分一人では出来そうにないなら、それを上司に相談する。簡単に言うなと避難されそうですが、結局仕事が締切までに終るのを上司は望んでるはずなので、やはり、自殺を選ぶくらいなら、職を失う方がまだ、まし
それは、人それぞれでしょうかが生きていれば、再就職出来る可能性はあります。
辞めさせられたらダメな人間のレッテルを貼られたように思えます。これは次回に書きたいです。